町田市発スピリチュアルな人集まれ!!
町田市発スピリチュアルな人集まれ!!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道路を渡ったその人は? スピリチュアルな過去の事件簿 その6

ある晩いつものように車で出掛けて、夜中に帰ってきたときの事です。
その人に気が付いたのは自宅の前に車を止めようとした、手前4~50m位だったと思います。
夜中だし暗かったのですが、私の家に向かって道路を小走りして渡る人の影が見えました。
長身のガッチリした男、そう私の弟が私より少し先に帰ってきたんだなと思いました。
目で追いかけると家の中に入り口あたりから入っていきました。


「あれ?」


とは思ったんです。
入り口がシャッターになっているんで、事前に開けておかないとすんなりは入ることが出来ないんですもの。
家に車を横付けした次の瞬間ビックリしました。
だって家の入り口が開いていないんですもの。
私の車は特徴があるんで、近くまで来れば家人はすぐにわかります。
なので開けたままになっているはずなんです。


「しまった、泥棒か!?」と思い、家の両側の隙間(人一人がやっと通ることの出来る隙間)に隠れたのかと思い、覗き込むと音も気配も無い。
確かに家の入り口から入って行くのが見えました。それは間違いないんです。
別なことが既に頭をよぎっていたのですが、急いで家の中に入り、親を起こして聞きました。
すると、

「弟ならとっくに帰ってきて寝てるよ」

と言われてしまいました。
本当なら家の人を全員起こして、犯人探しをするんですが、そんな気が起こらなかったんです。
私の家に向かい道路を渡っている人の映像が頭をよぎり、確信したんです。

暗いとはいえ街灯の光に当たっているのに全身黒のみの姿であったし、何より


“道路に全く影が無かった”んです。



後々この人の正体がわかるんですが…



「町田市発スピリチュアルな人集まれ!!」のトップページに戻る
何故私を見るの? part.2 スピリチュアルな過去の事件簿 その5


次の晩の出来事です。
合宿所に集まっている人たちは、ほぼ同い年の人たちです。
いろんな所からいろんな考えを持った人たちがいるので、とにかく話すのが楽しくてたまりませんでした。

昼間のうちに町まで花火を買いに行って、夜が来るのを待っていました。
夕食が済んで、勉強もそっちのけで、こっそりと合宿所を抜け出すのがワクワクして楽しかったなぁ。
合宿所の裏手から抜け出して、林の中を歩いて10分ほど先の広場に行く事になっていました。

明かりの少ない避暑地の裏手の林ですから、月明かりくらいしか無いんですよね。
でも天気が良かったから、人の顔まで月明かりだけでよく見えたのです。

そんなところを歩いていると、ふとこちらを見ている影があります。

道の端の石の上にちょこんと座っているのが見えました。
律儀にひざの上に手を乗せて座っています。
体はまっすぐで、首から上と目が私を見ています。

でも、人の形をしているけれど人じゃない。

だって向こうが透けて見えるから。

通り過ぎる間もじっと私の方を見てました。
恐怖心もありましたが、みんなで花火をしたいという気持ちが勝ったのでした。
見て見ぬ振りをして、そそくさとその場を去りました。

そして林を抜けると、絵に描いたような丸く広がった、空き地が現れたんです。
夜中、大人の目を盗んで、知り合ったばかりの人たちと、誰に気兼ねなく遊ぶのは本当に楽しかった。
とまぁそんな楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいます。

そしてまた来た道を戻ります。
影がいた方に目をやると、やっぱりいました。
向こうも気が付いたらしく、次の瞬間こちらに向かい首が動きました。
見えているのは自分だけだから、人には言えず、暗闇の中だから変な事とを言えば、たちまちパニックになります。
じーっと、大人しくまっすぐ無口で歩いていました。

道はそんなに広くないので縦に並んで歩いていました。
やはり私の方を見ています。
だんだんと近づいていき、目の前に差し掛かったとき、先ほどとは違い、私にタイミングを合わせるように立ち上がったんです。

ビックリして思わず見てしまいました。
影だと思っていたのは実は、モヤというか煙の塊で、煙なんだけれど体のラインは割りとはっきりしていた。
色は着いていないけれどジーンズをはいているようでした。
年齢は50代後半かな、顔は無かった。
長身で上から覗き込むように、ずっと私を見ていました。

今度は追いかけられるかなと思ったのですが、その人はそこから動く事無く私を見送っていました。

その時私は正直恐怖心しかありませんでした。

でも今思えば、地縛霊だったのでしょうか?
だから動けなかったのでは?と思いました。

何年あそこにいて、これからもずっと誰からも気が疲れる事無く、時を過ごしていかなければいけないのかと思うと、少し悲しくなりますね。



「町田市発スピリチュアルな人集まれ!!」のトップページに戻る
何故私を見るの? part.1 スピリチュアルな過去の事件簿 その5

予備校の夏合宿に行った時の話です。

着いた日の夕方、合宿所のロビーのソファーに座って友人達と話していました。
何気なく見た夕日が綺麗で窓の側に行き、夕日と木漏れ日を浴びるように見ていました。
たわいのない話をしていると、こちらを見る視線を感じたので、目の前にある林の奥の方を見ると、木の間から私達を覗き込む人の影が見えます。

隣にいた友人に、

「あそこに人が見える?」

と聞くと、

「見えないね、何かいるの?」

やっぱり見えるのは私だけでした。


なので、何も無い振りをして、その影を無視していたら、今度はその影が林の木を縫うように飛んでいるのが見え、だんだんと近づいて来るのが見えたんです。
左右に5m以上飛んでいました。
飛ぶたびに髪の毛が左右に流れるのが見えます。
何故か左右の振り幅(移動距離)は大きいのに、こっちに来るスピードはゆっくりです。

何も無い振りをしながら友人と話していましたが、やはり気になるので、横目でチラ見してました。
ゆっくりなので距離が無くなったら逃げようなんて考えていたんです。

「もう少し大丈夫だな」

なんて心の中でそうつぶやいた次の瞬間、一気に距離が半分になるくらい近づいて来たんです。


一気に怖くなって、

「ごめん、やっぱいるから逃げる」

と、友人そっちのけで走り部屋に戻りました。



本当だったら、何か確認できるまで見続けていると思うんですが、一気に私の方に飛んできた事の焦りと、なにせ、

「首だけ」

だったので思わず逃げてしまいました。


「町田市発スピリチュアルな人集まれ!!」のトップページに戻る

ここはどこ? スピリチュアルな過去の事件簿 その4

実は私幽体離脱3回ほどしているんです。
全身が抜けたのが3回で他にも手や足だけなら何回かあります。

初めて体から抜けた時、いきなりですが目の前に木目がありました。
天井の板の木目です。
鼻が付くんじゃないかという距離にいて、天井の木目に気が付くのに少し時間が掛かりました。

その時何が起きているのか全くわからないんです。
体が軽い、只々軽い。
だって体から抜けているんですもの、当たり前ですよね。
体の重さを全く感じませんでした。

そんな事を考える事無く、その時は焦ってというかパニックになって、戻る事しか考えられなかったんです。


2回目もほぼ同じ。
襲われるような事が結構あったので、次に何が来るのか怖くて怖くて、一生懸命戻る事だけ考えました。

3回目
この時は少し違いました。
金縛りになっている状態で気が付いたので、今回は抜けてやろうと思ったんです。
どこかに行きたかったんですね。
なので思い切って抜けようとしました。
ところが、金縛りのときは目が開くはずなのに、目の前は本当に真っ暗で何も見えない。
不思議に思いながら、抜けたいと思っていると、体に異変が起きたんですね。
抜けていく瞬間がわかったんです。
徐々に抜けて行き、体から離れていきます。

と、ここまでは良かったのですが、次の瞬間、

「逆に抜けてる?」

と気が付いたんです。


前回は仰向けに寝てたものですから、上に抜けたのかわかりませんが、うつ伏せに寝ていたせいか体から下に抜け始めていたんです。

「逆だぁ~っ!!」

と思いながらも、止まる事無く抜けていきました。

でもそこでわかった事があったのです。
布団を抜け、畳にめり込むように体から下に抜けていく中、畳の感触がわかったのです。
ゆっくりと入っていくものですから、めり込んでいく中、

「プチプチプチッ」

という音と感触があったのです。
人の形(畳と体の境界線?)に音と共に感触があるんです。


そこであほな事考えてしまうんですね、もっと楽しめば良いのに。

「かっこ悪いから上に行こうよ」

って思ってしまったのです。
そしたら朝になってました。


誰か幽体離脱する方法知ってませんか?
行きたい所いっぱいあるので、良かったら教えてください。


「町田市発スピリチュアルな人集まれ!!」のトップページに戻る


ウルトラセブンかウルトラQか… スピリチュアルな過去の事件簿 その3


高校生のある晩の事、まるで当たり前かのように目だけパチリと開きました。
体は硬く動かない、そう金縛りです。
そして今日は何が来るんだろうと少し恐怖心が現れました。

「あれ!?」

と思い、もう一度天井に目をやると薄い毬藻のような物が天井を多い尽くしています。それもわずかな隙間を空けながらぎっしりとです。
不思議な事に、その毬藻は輪郭とわずかな色が付いているだけで、天井はほぼ見えます。

「なんだろう?」

と思っていたら、ちょうど目線の先、天井と毬藻の間に月が写っています。

「つ、月?」

と思ったんですが、確かにあるんです。まばたきしても無くなりません。
そして暫くしたら、その月が回転し始め模様のようなものが現れました。
ゆっくり回転している水の中に、絵の具を溶いた物や墨汁をゆっくり垂らすと、すぐに混ざらず、模様が回転しますよね。
そんな感じで模様が現れゆっくり動いています。

そう、ウルトラセブンとウルトラQのオープニング画面と言えば、わかる人はわかるのでしょうか?
私はどちらもリアルタイムで見てませんが。

さらに、じぃーっとみてると、少し違う形が現れ始めました。
小さく動く塊が出来始め、その塊が形になっていきます。
最初に確認できたのがこちらを見ている冷たい目、そして歪んだ口、そして…


すみません、飽きて寝てしまいました。
どうなるか最後まで見たかったのですが、半分寝ているし、ここまでの形になるのに1時間くらいです。

それよりも疑問に思ったのが、何をしたいのかさっぱりわからなかったんです。


自分が見える理由に疑問を持った思い出です。


「町田市発スピリチュアルな人集まれ!!」のトップページに戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。